銀行カードローンが人気上昇。改正貸金業法の総量規制で、消費者金融から利用者が流れる?

銀行が提供する個人向けカードローンサービスが人気を集めています。

改正貸金業法の施行により、個人が消費者金融(貸金業者)から借りられる無担保融資の総額が、その人の年収の3分の1までに制限(総量規制)されたことが、銀行カードローン利用者増加の理由の一つと言われています。
従来の利用者の約4割が、この総量規制に抵触したとされています。

一方、銀行は貸金業者ではないため、貸金業法が適用されません。総量規制などの規制も無いため、銀行によっては年収の3分の1を超える額でも借りられることがあります。

こちらの記事もどうぞ

カテゴリー: カードローン タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。